伐採は草刈業者に依頼したほうが安全かつ確実に庭木を処分できる

不要な庭木を伐採する

庭に生えている木を育てている人も多いですが、大きく成長した木は住まいに影響を与えてしまいます。そのため、早めに庭木を伐採したほうがいいです。ここでは、庭木が与える影響や伐採時に注意することを紹介します。

庭木による影響

木

庭木が大きくなると、その分大量の葉が付きそれが秋になると枯れ葉となります。枯れ葉が大量に庭に落ちると、庭だけでなく自宅周辺の掃除を行なわないといけません。枯れ葉が多いと、そこに害虫が生息してしまう恐れがあるのです。庭木は強風によって倒れる可能性があり、住宅に倒れこんで家が倒壊する可能性があります。また、倒れる方向によっては道路や車、隣接する住宅や敷地内に倒れ込んでしまうのです。実際に台風の影響で、庭の木が倒れるという被害が発生しているので危険です。

安全に作業を行なう

伐採は作業で危険を伴うため、安全に行なう必要があります。脚立や梯子を使用する場合は、危険ですから業者に任せたほうがいいです。低い木ならば、自分でも行なえますが危険なことに変わりません。伐採時には、切った木が倒れても大丈夫なスペースを確保して、その方向に倒れるように切る必要があります。方向を間違うと自分の所や自宅に倒れるので気をつけましょう。

作業リスクの高い伐採作業

経験のない人が伐採を行なうと、大事故に繋がるので業者に事前調査を行なってから作業を依頼しましょう。ここでは、業者を利用する時の手順を紹介しています。

業者が行なっている手順

調査を行なう

伐採する木を確認するために、現地調査を行ないます。庭木の高さや幹の太さ、作業を行なう庭の環境など細かく調査をするのです。

調査後に料金提示

現地調査が終わった後に、作業計画書を作成して見積り額を提示します。その際に、作業の流れや見積り額の説明を行ないます。

後片付けも対応

庭木を伐採した後は、切った木の廃棄も行なってくれます。業者では、トラックで処理場まで運ぶので問題なく処分可能です。

TOPボタン